ロゴ
HOME>口コミ>歯を抜いてもそのままはNG!しっかり最後まで治療をしよう

歯を抜いてもそのままはNG!しっかり最後まで治療をしよう

診察室

何らかの理由によって歯を抜いてしまった場合でも、しっかり治療を行なっておく必要があります。最近では、様々な方法によって失った歯を取り戻す治療法があるので、利用者の声をチェックして検討してみるとよいでしょう。

みんなの口コミ

歯を失った時インプラントをしました

仕事で車を運転することが多く、40代の時に事故で下奥歯を失いました。幸い1本だけ抜歯すれば良く他の歯は助かったのですが、保険で治療をすると金属色のブリッジか入れ歯を入れることになるとのことで、営業職の私にとって男性でも笑ったときに銀歯が見えて印象が悪くなるのは困ると悩みました。なぜかというと虫歯がほとんどなかったため、抜いたところを補うブリッジにするには両隣の歯の神経を取る必要があり、それを回避すると入れ歯しか方法がなかったのです。しかしながら40代での入れ歯は抵抗があり、使いにくさも躊躇する原因でした。そこで自宅の最寄り駅である池袋で、インプラントを手掛けている歯科医院を探しました。初診の時に歯は抜いたままにしておくと、歯が倒れたり上の歯が伸びたりして歯並びが崩れてしまうことを模型や画像で説明してもらいました。まだ若くて顎の骨がしっかりしているので、インプラントをしても定着率が高いとのことでインプラントを受けることを決意しました。処置自体は普通の歯科治療と変わらない印象で、失ったところにこれまでと同じように再び歯が戻り、改めてしっかり噛める大切さを実感しました。
[40代/男性]

ブリッジをしています

元々虫歯がひどく、神経を取っている歯が何本かありました。そしてある日、硬いものを噛んだ拍子にかぶせていた金属が取れてしまったので池袋の歯科医院を訪れました。池袋の歯科医院は自宅からも職場からも通いやすいところにあるので、いわばかかりつけ歯科医院としてずっと通っていたところです。レントゲンを撮り、歯科医師からは歯の根っこにひびが入り割れてしまったために金属が取れたと説明を受けました。1本だけの入れ歯を作ることも出来ますが入れ歯は使いにくいものなので、割れた両隣の歯もすでに金属の冠がかぶっていたためブリッジが良いと薦められました。これだと入れ歯のように外さなくても済むし、レントゲン上でも隣の歯に問題はないとのことだったので、使い心地のいいブリッジにしてもらったのです。抜歯してから傷の治りを待って歯型を採り、1週間ほどでブリッジが接着剤で固定されました。歯を失ったとは思えないほど、これまでと何ら変わらずに食事をとることが出来ています。
[60代/男性]